求人概要から企業の社風を読みとる方法

Yahoo! JAPAN

転職の際の求人情報の見方

一度就職して一生同じ企業で定年まで働き続けるという人もいれば、キャリアアップや視野を広げる為に別の職種や同じ職種の企業へ転職する人もいます。そういった人が見るのが求人情報です。この求人情報は企業の全てが載っている訳ではなく、限られたスペースで主要な事しか掲載されていません。

つまりより詳しく知る為には会社のホームページやその他の情報サイトを閲覧して自分で情報収集をしなければなりません。しかし、全ての会社をそのように調べていては時間を大きく浪費する事になるので、調べる会社を厳選する必要があります。その様なときの会社選びにおいて見るべき項目はたくさん存在します。まず、転職において経験が必要かどうかです。社会人経験を一年以上している事が条件であったり、同じ職種を五年以上経験している事が条件である場合もあります。この条件は様々で中には資格を持っていなければ入れない会社や、資格を持っていても実際にその資格に準ずる職に就いていなければ面接さえしてもらえない場合もあります。また、どんな人を求めているかも掲載されており、その人物像と前職の一般的な印象が異なっても面接で不利になる場合があります。前職が事務職であり、明るい人材を求めている企業に応募しても、前職の経験を活かして明るくなれたという説得力がありません。販売職や営業職に就いていて、笑顔に自信があるのであれば説得力があります。この様に、求人概要を良く見て自分に合った企業を選ぶ事が大切です。

今はショップの販売員の仕事を探していますが、自宅から1時間以上かかる所の求人しか見つかりませんでした。私は、出来るだけ通勤に時間をかけたくないので、もう少し近い場所での求人を探したいと思っています。求人情報誌や求人サイトだけではなく、ショップでアルバイトを募集している張り紙などもチェックしながら、ショップの販売員の仕事を探していきたいと思います。


Copyright(c) 2017 求人概要から企業の社風を読みとる方法 All Rights Reserved.