求人概要から企業の社風を読みとる方法

Yahoo! JAPAN

求人情報を鵜呑みにしない

求人情報というものはあらゆる場面で見られます。SNSのサイトで広告として求人情報サイトが表示されていたり、自分で探せばいくらでも情報は出てきます。それらの数多くの情報から自分の希望する企業を見つける事になります。

どんな事でも言える事ですが、自分の目で見えない物はどんな物であっても完全に信用してはいけません。ある程度信用しなければ行動に移す事は出来ませんが、完全に許してしまわないように気をつけます。実際に求人に応募して内定を貰って入社してみると、求人情報に記載されていた待遇とはかけ離れた待遇である場合があります。これは確信犯の行為であり、本当の事を記載すれば入社希望者が現れないからです。求人情報を見ておかしいと思っても思わなくても、インターネットで口コミやその他の情報を検索して、真実を突き止める必要があります。もしそこで真実で無い事が判明すれば、その企業に避けておく事が大切です。嘘の情報を載せる様な企業は入社してからもあらゆる面で、社員に負担をかける企業であり絶対に入社するべきではない会社です。就職は何回もする物ではないので、慎重に調べて行動する必要があります。また大きな嘘でなくても、わかりにくい情報の載せ方をしている会社もあります。社員登用有という言葉をアピールしていて、実際には契約社員等の非正規雇用としてしか採用されない場合もあります。これも悪質と言えるレベルであり、就活生から問い合わせが来るような載せ方はしていない企業を探す事が大切です。

お勧めのサイト



Copyright(c) 2017 求人概要から企業の社風を読みとる方法 All Rights Reserved.